遺産の相続は通常、故人の配偶者に遺産の半分、故人のお子さんに残りの半分を等分に分割していきます。問題は、故人に子どもがいなかった場合や故人に配偶者以外の間に認知しているお子さんがいた場合、金銭的な問題や介護の問題で相続が等分に分割するには不平等だと認識される場合ではないでしょうか。故人にお子さんがいなかった場合は、配偶者に遺される遺産以外は故人の親や兄弟が遺産を受け取ることになります。配偶者以外の間に認知しているお子さんがいた場合にはそのお子さんも相続の対象になりますが、配偶者とのお子さんより遺産の配分は少なくなります。

正式なお子さんとしたらその分だけ遺産の受け取りが少なくなるので、不満の種になることは多いです。また、お子さんのうちの誰かが故人の介護を引き受けていた場合、通常はその方により遺産が多く分割されることが多く、介護を実際に行っていたお子さんのお嫁さんに故人の意思で遺産が遺される場合もありますし、故人の生前にお子さんが他の兄弟より金銭的な支援を受けていた場合、相続でその分が引かれることもありますが、遺族がその分割の割合で揉めることは少なくありません。このように、相続の分割で不満を感じた場合は弁護士のような第三者の専門家に仲裁に入ってもらうことをお勧めします。弁護士は法律の専門家の立場から、遺産の配分についてアドバイスを行います。

なお、依頼者の言い分に非がある場合、弁護士を介入させることで逆に依頼者の取り分がより少なくなる場合もあります。遺産の配分は、できれば故人の意思を尊重した方がお互いのためになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です