亡くなった人に遺産があり、相続人が複数いる場合には相続人全員が参加した遺産分割協議を開き、それぞれの遺産の取り分を明確にします。この時不動産転記などの必要性に備えて、相続人全員の署名と実印を押した遺産分割協議書を作成するのが一般的です。遺産を受け取る資格があるのは民法で規定された法定相続人、及び遺言書で指定された人です。分割内容は遺言書の意志が最も尊重されますが、遺族を保護するための遺留分は保証されており、あまりにも不当だと思われる場合には不服申し立てをすることができ、逆に不要な場合には遺産放棄をすることも可能です。

遺言書が残されてない場合や以降な時には協議を行います。分割のしかたの代表的なものは3通りあり、最もよく採用されるのが現物をそれぞれに割り当てていく方法です。格差が起きい場合には現金などで調整をすることもあります。ふたつめは遺産をいったんすべて現金化し、相続人に分ける換価方式です。

この方法だと諸費用はかかるものの平等性が保たれるという利点があります。家の他には現金が少しなどの場合には代償方式がとられることもあります。これはひとりが不動産を引き継ぎ、金銭などを自己調達して残りに渡すなど各人で調節をする方法です。分割にあたっては譲渡取得税の計算や協議書の作成、遺産整理など煩雑な手続きが多く、場合によっては家庭裁判所で調停を行う必要もあるため、弁護士など士業に処理手続きを依頼するのが一般的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です