人が亡くなるとその者が生前有していた権利義務は相続人に承継されます。相続人が複数いる場合には、全員で遺産を共有することになります。遺産分割とは、遺産の共有状態を解消して、相続人が個別的に遺産を取得する手続のことをいいます。たとえば、親子3人家族のうちお父さんが亡くなった場合、お父さん名義の土地は、お母さんと子ども2人の共有状態となります。

遺産分割には、次のような3つの方法があります。まず、現物で分けるという方法です。お母さんと子どもが共有する土地を分筆して、分筆後の各土地について、それぞれ単独所有する方法です。次に、共有している土地を第三者に売って、そのお金をお母さんと子どもで分けるという方法もあります。

最後に、この土地をお母さんの単独所有することにして、子どもに相続分に応じたお金を支払うという方法です(子どもの単独所有にしてお母さんにお金を支払うことも可能)。なお、遺産を共有のままにしておくという分割も認められます。お母さんの持分2分の1、子どもの持分2分の1のままの状態にしておくのです。しかし、共有状態のままにしておく方法は、上記の3つの方法が認められない場合の例外として認められています。

遺産分割は、相続人全員の話し合いで決められるのが原則です。1人でも欠けると遺産分割協議は無効となります。話し合いによる協議が調わない場合には、家庭裁判所で調停がなされて、それも不成立の場合には審判が行われることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です