相続が発生しますと、故人が遺した財産を家族で分割する必要があります。亡くなった方の名義のままですと、後々手続きが面倒となるからです。もし、故人が作成した遺言があれば、その遺言に書かれている最期の意思が尊重され、その通りに財産を分割することになります。遺言が無い場合には、法定相続分どおりに財産を分けていくか、相続人同士で遺産分割協議と呼ばれる話し合いを行います。

話し合いが行われ、全員の納得が得られなければ、名義変更に必要な実印と印鑑証明が集まりません。亡くなった方の財産を分割する時に一番問題となるのは、この話し合いということになります。相続人それぞれに立場があり、生活がありますので、お互いの意見をぶつけ合ってしまうケースが多いからです。その結果、互いが感情的になってしまい、全く話し合いにならないことになってしまいます。

また、遺された相続財産を全て出さないで話し合いに臨むような人もいます。ここでお互いが納得しないままであれば、後々遺恨の残してしまい、さらには後の世代に迷惑をかけてしまうことになります。出来ることなら、今の世代での解決が望ましいのです。もし話し合いが出来ない、あるいは話し合ってもまとまらない場合には、家庭裁判所において調停を申し立ていることもできます。

調停で決定されたことは、裁判所の判決と同じ効果を持ちます。万が一、調停すらも成立しない場合には、家事審判(裁判)へと進みます。出来ることなら、ここまで争うのは避けたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です