遺産分割の相続は、相続者全員の合意が必要になります。遺言書があればその内容通りに進めることができますが、遺言書を作成していなかったり、遺言書に記載されていない遺産がある場合などは、協議が必要になります。中でも不動産の遺産分割となると、状況によっては簡単にまとまらないこともあります。例えば一人が土地を受け継ぐことになった場合、全員分の戸籍謄本と、印鑑証明を添付して、相続登記を行うことになりますが、同意しない人がいると、なかなか先に進めなくなってしまいます。

また預貯金とのバランスが問題になることもあります。そんな事態にならないためにも、誰もが納得した形で、話を進めていきたいところです。不動産の分割方法としては選択肢がたくさんあるので、状況に合った形を選んでいけます。建物が無く更地の土地である場合には、面積をそのまま区切って分ける方法がありますし、不動産を売却した上でお金で分けることもできます。

他にも一人が不動産を受け継ぎ、残る者に不動産相当額の金額を支払う形を取ったり、分けずに共有で受け継ぐ方法もあります。様々な方法があることを、知った上で協議に臨むことで、それぞれが納得できる形を見つけることができます。合意がなされたら、相続登記を法務局に申請して名義を変更します。申請に期限は有りませんが、将来その不動産を扱うことになった場合には必要になるので、早めに行っておいた方がいいでしょう。

一人でも納得できなかったり、現在の行方がわからない人などがいると、手続きが滞ってしまいます。希望や疑問点が有れば予め全員で話し合ってまとめておき、円滑で円満な分割相続を行っていきましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です