人が亡くなった後、財産をどのように分けるかという事は大きな問題となっていきます。身内ではありながら争いとなってしまうこともよくあるのです。それを防ぐために、遺言などを残すことは有効です。しかし、その場合に注意しておきたいことがあります。

遺留分というものがあり、一定の相続人の取り分を一部についてはなくすことが出来ないという事があるのです。もちろん遺言自体はできますが、その人が請求をすれば一部は手にいれることが出来ることになります。遺言だけでは制限できない部分があるという事をまず覚えておきましょう。遺留分は兄弟姉妹にはありません。

そのため、兄弟姉妹が相続人の場合、遺言のみで財産を渡さないという事は可能です。それ以外の相続人には遺留分がありますから、本来の取り分の二分の一、尊属のみの場合は三分の一という部分についてはあとあと遺留分として請求されることがあります。そうなるとせっかくの遺言も効力がなくなってしまいますから、はじめからその分を考慮に入れて遺言を残すようにするとよいでしょう。特に大きな事情がある場合などは、廃除というかたちをとって相続人から外すという手続きを取れば、財産を引き継がせないようにすることはできます。

しかし、そういったことが認められる事情がある場合というものは少ないでしょうから、遺言を残す際に遺留分も含めたうえで相続の仕方を考えておくことで、トラブルを防いでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です