遺留分とは、一定の相続人のために法律上必ず留保しておかなければならない財産の一部のことをいいます。たとえば、Aが亡くなって相続人が配偶者のBと子のCの場合でみてみましょう。この場合、B、CはAが亡くなれば、Aの財産についてそれぞれ2分の1ずつ承継できます。しかし、Aが亡くなる前に全ての財産を第三者に贈与していたとしたら、どうでしょうか。

Aが死亡した時に財産は何もないので、当然B、Cは財産を承継できません。しかし、これではあまりにもB、Cがかわいそうです。この後生活ができなくなるかもしれません。そこで、法は、B,Cの生活を最小限度保護すべく、Aの財産の一定割合をB,Cに取得させることを保障しました。

一定割合については、亡くなったAの意思よりも、B、Cの生活保障を優先させたのです。これによりB,Cはこの一定割合を第三者から取り戻すことが可能になります。このような第三者から取り戻すことが可能な一定割合のことを、遺留分と呼んでいます。それでは、一定の者とは誰のことを指すのか。

また一定の割合とはどれくらいなのか。以下、検討していきます。まず、一定の者とは兄弟姉妹以外の相続人のことをいいます。つまり、配偶者、子、直系尊属のことです。

次に、一定の割合ですが、直系尊属が相続人の場合は3分の1、それ以外の場合は2分の1と規定されています。先の例でみてみますと、Bは配偶者、Cは子ですので、一定の者に該当します。一定の割合は「それ以外の場合」に該当するので2分の1になります。これはB,C全体の遺留分になります。

この全体の遺留分に各自の法定相続分を乗じた額が、B,C各自の遺留分になります。つまりBが4分の1、Cが4分の1になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です