自分の財産を死後にどのように処理するかを自身で決めたいのであれば、遺言書を作成しておくといいです。そうすれば遺産の遺族への分配などは、基本的にその遺言通りに実行されます。また遺言を書いておくことで、相続の権利者が複数いる場合でも、争いを避け円満に相続を行うことができるようになる効果もあります。遺言書は書いたら保管しておく必要がありますが、どこに保管しておくかはなかなか悩ましい問題です。

いいかげんな場所、例えば誰でも開けることのできる引き出しなどに保管しておくと、他人に見られて改変されてしまうなどの危険があります。しかし誰も分からないような場所に保管してしまうと、死後に遺言書が誰からも発見されず無効になってしまうということもありえます。そんなことになってしまっては遺言を書いた意味がありません。信頼できる友人などに預けておくというのもいいですが、弁護士に預けておくという方法もあります。

弁護士に遺言の書き方を教えてもらい、ついでに預かってもらえば心強いでしょう。弁護士は預けるだけでなく遺言執行者になってもらうことも可能です。また信託銀行に預けるとう方法もあります。遺言執行業務、遺言書管理業務などの遺言業務を行っている信託銀行に預けておけば安心です。

ちなみに遺言書は書き直しすることも可能で、書き直したら古い遺言は無効になります。古い遺言を残しておくと相続の際に混乱の原因となるので、さっさとシュレッダーなどで裁断して捨ててしまうのがいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です