今の世の中は車社会ですので車に乗る人は大勢いらっしゃいます。車に乗る頻度は人それぞれですが、毎日乗る人ほど交通事故に遭う危険性は高くなります。ですが、いざ交通事故に遭った時自分が何をするべきか想像してみるととにかく警察に連絡すること、加入している保険会社の担当に連絡をとることの2点に絞られるのではないでしょうか。ですがこれは加害者側の対応であり被害者側の対応ではありません。

では被害者側は何をしたらいいのか、慰謝料の請求です。全ての事故の場合が慰謝料を請求できるわけではありませんが、明らかに相手側に過失があり事故によって被った損害があれば請求の余地はあります。また、加害者側の保険担当者から示談金という形で提示されることがほとんどですが、この示談金については本来貰えるはずの金額よりも少なく提示されます。しかし相手はプロの交渉人で被害者は素人です。

これではフェアではありません。面倒臭いという人は示談金を鵜呑みにして事故を解決するというのも良いでしょう。しかし貰えるものは貰いたいという人であれば交通事故に強い弁護士を雇って代わりに交渉してもらいましょう。弁護士を雇うにはそれなりの資金が必要ですが、交渉の結果示談金よりも遥かに多額の慰謝料を貰うことができたというケースも少なくはありません。

また、大抵は依頼する段階で弁護士側が成功の可能性や獲得できる大体の慰謝料額を見越してアドバイスをしてくれますので安心できます。交通事故に遭って慰謝料を求めるならば、被害者ではありますが弁護士を雇うことが最善策ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です