交通事故をしたからといって必ずしも弁護士が必要にはなりません。物損事故の場合はそれが飲酒運転かそれ以外の理由かが問われます。そこまで状態が変わらないため、問題なのは人身事故です。事故を起こした当人が被害者になるのか加害者になるのか立場が異なるだけで刑務所に行くかどうかさえ決まってきます。

いったん刑務所に入ってしまうと仕事を辞めなければならない恐れがあります。そうなるとこれからの人生設計が全く立てられない状態になり死活問題です。自分が被害者の場合は過失割合がポイントになります。相手と主張がほとんど同じなら、それほど問題にはなりませんが、180度違う主張の場合は、最悪裁判に持ち込まざるを得ない状況となってしまいます。

そうなったときに実績がある弁護士に弁護してもらわないと思いも寄らぬほどの高額な保険金を支払う羽目に陥ります。また、加害者の場合はただでさえ相手に負い目があるため、相手の弁護士に言いなりになりがちです。良い弁護士ならまだしも、そうでないと過大な責任を負うことになります。いずれの場合も客観的に冷静な目で判断してもらえる弁護士が必要です。

頼りになるのが交通事故の弁護を相談できるサイトになります。電話で先方に予約を取れば実際に会って詳しい話が出来るので、頼れる方法を覚えておきましょう。いざというときにパニックになってしまい考えられないことは十分あり得るので、そうなっても大丈夫なように交通事故発生マニュアルを作っておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です