現在、交通事故での弁護士利用が増えており、主な理由としてはスムーズな解決が図れることや、慰謝料など金銭面で有利に進められることがあります。また、任意保険での弁護士特約も増えている理由の1つになっており、特約を使うことで費用面の心配をすることなく依頼をすることができます。利用する際に困るものの1つが依頼先の選択です。特に交通事故の場合は専門性もあり、依頼をする際にはポイントを押さえておくことが必要になります。

依頼先を探すのに最も効率的に行えるのがインターネットの活用です。ここでは、得意分野が何になっているのか、事務所はどこにあるのかの2つを抑えることが必要になり、まず、得意分野に関しては交通事故案件での実績を挙げることができます。経験が豊富であるほど迅速な対応ができ、事故内容によっては大きな補償額につながる場合もあります。事務所の所在地は大切な要素になります。

ポイントはできるだけ自分の居住地に近い事務所を選ぶことがあり、遠方などアクセスに時間がかかる事務所は避けることが必要です。現在、メール等で対応をする事務所は数多く存在しますが、依頼では面談を含め弁護士とのコミュニケーションが大切になり、示談・裁判を問わず、有利に進めるには細かな打合せが重要になります。遠い場合にはどうしてもメールや電話が中心になるために、思っていることが伝わりにくい面があります。また、伝えたくでも遠いために直ぐという訳にはいかず時間がかかることにもなります。

選ぶ際には面談時の対応や、料金体系を良く確認をする必要があります。対応や料金は後々で不満や支払いトラブルにつながることが多く、面談で弁護士からの明確な意見が聞かれない場合には、即決をしないことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です