交通事故の示談交渉などでトラブルになったときには、弁護士に相談することでトラブルを解決できます。交通事故の被害者になった場合には、加害者側と交渉を行って慰謝料を支払ってもらわなくてはいけません。これは、損害賠償請求という法律的な権利によって行うことが可能です。しかし、損害賠償請求を行う相手というのは加害者本人ではなく加害者が加入している保険会社になるという事実をきちんと認識しておく必要があります。

保険会社は交通事故の法律的知識が豊富なので、示談交渉の際にはプロが話し合いにやってきます。ですから、そのための準備が必ず必要です。弁護士に相談をしておくと、保険会社が提示する慰謝料金額にストップをかけることができます。基本的に、保険会社が提示する交通事故の提示金額は、相場と考えられる金額よりもかなり低いことで有名です。

これは、弁護士と保険会社で基準としている慰謝料金額の計算方法が異なるからです。保険会社は、自社に不利に働く計算方法で計算を行いませんので、自社にとって有利となる相場の低い金額で交渉をしてきます。一方で、弁護士はなるべく相場が大きくなる基準で話し合いを行いますので、慰謝料金額には大きな違いが生じます。交通事故では、様々な要素が絡んでいます。

どの基準をもとに計算を行うのかはそれぞれの自由ですので、なるべく高い方法を選択することが好ましいです。特に弁護士に相談すると交渉も全て任せることができるので安心できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です