交通事故の多くは、従来では当事者間や保険会社のみで解決が図られていました。一方、最近では弁護士へ依頼されることも増えており、1つの理由に自動車保険特約があります。特約が付いていれば訴訟費用として1事故1名あたり限度額300万円、相談や書類作成費用としては1事故1名あたり10万円を限度として保険料を受取ることができ、内容によっては費用を全くかけずに弁護士へ依頼をすることができます。交通事故の問題を依頼するメリットには、賠償金、示談交渉、治療面などがあります。

まず、賠償金に関しては慰謝料や損害賠償の増額が見込めます。事故で支払われる補償では、自賠責保険基準、任意保険基準、法的根拠に基づく基準のいずれかによって算定が行われますが、法的根拠に基づく基準が最も高い金額になります。弁護士の場合には法定根拠基準で算定を行っており、他の基準よりも有利な金額の補償を受取ることができます。交通事故での示談交渉は、多くは保険会社と行うことになります。

ここで問題となるのが、相手は自己処理に関しての専門家であることがあります。そのために示談内容が要求とはかけ離れていたり、示談を急がせられたりもします。弁護士への依頼では保険会社とも対応も迅速に進めることができ、有利な内容で決着を図ることも可能になります。治療面では、依頼をすることで身体や気持ちの負担を少なくすることができます。

依頼をしない場合には保険会社も含め相手方との交渉を全て自分で行うことになり、大きな負担となります。弁護士に依頼をすることで治療にも専念することができ、早い回復につなげることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です