突然、親が亡くなり遺産についての問題に直面する人は少なくありません。よくあるのは妹が結婚して家を出てしまうと、相続できないのかと疑問を持つケースです。金銭は葬式代などに使い切ってしまっても、土地や建物が残ることはよくあります。その場合は長男がそれらを引き継ぐのが当然と考えている風潮が見受けられます。

他の家に嫁いでしまった女性には、相続する権利がないのでしょうか。実はそんなことはなく、嫁いだ妹であっても権利を持っています。法律に照らし合わせて考えると、長男と半分ずつ遺産を貰う権利があるのです。嫁いだことで姓が変わっていたとしても、その権利が失われることはありません。

しかし土地や家を半分に分けることは難しいこともあります。その場合にはいくつかの解決方法があります。たとえば、土地と家は長男が引き継ぎ、その評価額の半分を長男が妹に支払うという方法があるでしょう。このように、いざ自分が相続する立場になった場合に、疑問に感じることは多くあります。

インターネットや書籍などで調べることは可能ですが、十分な情報が得られるとは限りません。そのような場合は、インターネットを用いて「弁護士相続」で検索してみると良いでしょう。弁護士には自分が得意としている分野があります。弁護士相続でヒットする弁護士に相談するのがおすすめです。

事故や金融の処理を専門にしている弁護士より、弁護士相続でヒットする弁護士の方が適切なアドバイスを期待できるからです。広島で相続のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です