相続の手続きは、複雑で、かつ煩雑な手続きが多く、さらに容易に合意できない遺産分割も行わなければならず、一般の人には大変な作業となります。そうした場合は、弁護士相続に手続きを代理してもうらとスムーズに手続きが可能です。弁護士は、司法書士や行政書士と違い、ほとんどの手続きを制限なく代理することができます。特に、遺産分割において相続人同士で争いがある場合は、弁護士相続の出番と言えます。

遺産分割は、全ての相続人が合意しなければ成立しません。協議を行っても全員の合意に至らない場合は、家庭裁判所で遺産分割調停、審判を行い判決を受ける必要があり、それには長い時間と多額の費用が掛かります。そうした事態を避ける為にも、遺産分割協議で合意に達する事が望ましいと言えます。しかし、遺産分割協議では、民法で定められた最低限の取り分である遺留分を主張したり、特定の財産を取得を希望したり、あるいは死亡した人の事業や介護を手伝っていた場合の寄与分、生前に被相続人から多額の支援を受けていた場合の特別受益などが主張され、全員が合意することは困難なケースが大半です。

そこで専門家である弁護士相続が代理で協議に参加する事で、スムーズな合意や手続きが可能となりますので、弁護士の存在は不可欠であると言えます。ただし、弁護士であっても相続税の申告はできません。税金の計算や申告については、税理士に依頼する必要があります。なお、遺産の状況によって、弁護士と税理士で取得する財産などが異なる場合がありますので、その点については十分に考慮が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です