人は必ず死にますが、それが他人ではなく身内であれば他人事のようには言っていられません。身内がなくなれば相続手続きをしなければならないからです。特に、親が亡くなった時は自分に直接関係があるため、知っておく必要があります。少なくとも、未然に争いを防ぐと言う意味では知識は強い味方になります。

では、どのようなことを知っておいたらよいでしょうか。まずは法定相続についてです。法律に定められた方法により誰にどれだけの財産を分け与えるかを決めていきます。例えば、子供が居る場合、1人だけであれば、両親とも亡くなった場合すべてが自分の手元に入ります。

もちろん借金も相続の対象になりますので、借金を返す気がなければ放棄をしても良いでしょう。両親がいなくて、子供が2人いる場合は、子供2人で財産を分け与えます。もし、親のどちらかが生きている場合には、親が半分受け取り、残りを子供で分け与えます。子供が3人いる場合も同様になります。

もし、つれ子がいる場合はどうでしょうか。つれ子の場合には子供の半分だけ相続ができます。では、法定相続に反して金額を決めることができるでしょうか。これについては可能になります。

ただし、特定の人だけ全く何も与えないと言う事はできません。少なくとも、本来もらえる分の半分は手に入れることが可能なのです。これは、遺留分減殺請求をすることで、もらうことができます。このように、様々な決まりがありますのでよく覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です