相続は亡くなった方の遺産をその配偶者や子供に与えることをいいます。この配偶者や子供のことを相続人といいます。ここで言う遺産とは預貯金や株式などのプラスの財産もあれば、亡くなった方の借金などのマイナスの財産も含まれます。よって遺産を受け取ったことによって、むしろ借金を抱えてしまうケースもあります。

このような場合に考えていただきたいのが、「限定承認」と「相続放棄」です。まず限定承認は、プラスの財産とマイナスの財産のどちらが多いのか分からない時に利用すると良い手続きです。例えばプラスの財産で借金を返済していった結果、まだ借金が残ってしまったときはそれ以上お金を返す必要はありません。また借金を返していった結果晴れて借金を完済した場合、残った財産はもらえることになります。

そして相続放棄は、「自分は一切遺産を受け取りたくない」という場合にするものです。亡くなった方の遺産を確認した後、明らかにマイナスの財産しか残らないという場合はこちらの手続きを利用します。この二つの制度は、相続の開始があったことを知った時から三カ月以内にしなければいけないという決まりがあります。よって早くこの二つの手続きのどちらかをしなければ、多くの借金を抱えなければいけないということになります。

しかしこの手続きを知らない方もいらっしゃいます。特に限定承認は財産目録というものを作成して、家庭裁判所に提出する必要があります。よって専門家に相談をして、アドバイスを仰ぐというのも一つの手段です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です