相続放棄とは文字通り財産を相続する権利を放棄する事です。せっかくもらえる財産を放棄するということが実際にあるのかと思う人も多いものですが、財産の相続には色々な問題が含まれていることも少なくありません。一つは、亡くなった人に借金などの問題が有る場合です。基本的に財産を相続する場合には負の財産である借金も相続の対象となります。

この際には財産を相続することで借金を負ってしまうことになるため、その相続を放棄することで借金を負うことを免れることになります。その他、親族同士で争いたくない、最もふさわしい人に財産を継承したいといった理由で相続放棄をする場合もあります。相続放棄の手続きで最も注意しなければならないことは、財産を相続することを知ってから3ヶ月以内に手続きをしなければいけないことです。この期間を過ぎてしまうと基本的に認められないことが多いので、しっかりと準備をしておくことが必要です。

相続放棄の手続きを行う場合には申請書の他に亡くなった人の住民票除票や申請する人の戸籍謄本などの書類も必要になるため、土壇場ではその準備に手間取ってしまうことになるためです。そのため、事前に用意をしておくことが必要になります。また、やむを得ない事情がある場合には3カ月以内に相続放棄のための申述期間伸長の申請を行う事で期間が延長される場合もあります。しかしこの場合でも亡くなった人の住民票除票や申請する人の戸籍謄本は提出する必要があるほか、万が一遺産相続で問題となっている場合などはその利害関係を示す書類を添付しなければならないため、非常に面倒な手続きとなることが少なくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です