相続になると、いろいろな家庭で非常に多くの問題が発生しやすいです。そのため、弁護士に相談をした方が良いと思われますが、その際には弁護士事務所の選び方が重要になります。相続の問題は実は、いろいろな人たちの力を借りた方がスムーズにいく場合があるのです。それはどういうことか?というと、1人では対応が難しい分野も実はあって、税理士とか、司法書士とか、そういった方の方が詳しい場合もあるのです。

したがって、相続に関して、もしかしたら一部の作業については弁護士だけでは対応できず、他の税理士や司法書士をあたってみてくれないか?と言われてしまうことも中にはあります。ただ、そうなるとせっかくお金を払ってまで手伝ってもらう意味が薄れてしまうので、そこで事務所選びが重要になります。事務所の中には、実はそういうときのために弁護士のみではなく、それ以外の資格を所有している人たち、例えば税理士や司法書士といった人たちも在籍しているケースがあります。そういった事務所の方が、1つの事務所だけで全ての相続問題に対応できる可能性があるので、別のところに依頼を再度しなくて済みますから、より簡単に手間なく対処してくれるはずです。

ある程度規模が大きいところや有名なところは弁護士以外も在籍しているケースがあると思うので、相続について悩んでいるときには、そういう視点で事務所を選んで、問題の解決のタメに手伝ってもらってはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です