相続は「遺言書」があれば、トラブルに発展するケースは少ないです。しかし大半は、「遺言書」が残されていないケースが多く、このような場合には「遺産分割協議による割合決定」や「法定割合に応じた割合決定」が基本的に行われます。親族間だけで「遺産分割協議や法定割合」で割合の決定をしてしまうと、親族間でトラブル発生するケースが多く、親族間で裁判で争う事態まで発展するケースがあります。このような事態を防ぐためにも、亡くなる前に「弁護士」に依頼し、「遺言書」作成をすることをお勧めいたします。

作成しておくことが、残された親族間で「相続トラブルにおける骨肉の争い」に発展しないための優しさだからです。「遺言書」ない場合にも、残された親族間で「弁護士」に依頼をして、「遺産分割協議」をすることをお勧めいたします。第三者をいれることによって、親族間であっても感情的にならずに、冷静な話合いをすることができるからです。また被相続人(亡くなられた方)との関係より、弁護士が「遺産分割協議」の内容を精査してくれ、相続人自体の「割合が妥当」であるかの判断を行ってくれます。

「弁護士」であれば「遺産分割協議の内容」を文書化にしてくれるので、将来的にトラブルが発生した際にも「文書」を元にした新たな話合いをすることができるからです。また借金などの遺産相続するケースもあり、そのような場合にも「弁護士」であれば、迅速かつ的確な対応を行ってくれるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です